スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
Adapt to
相手にあわせるお話。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。
一押し頂けると嬉しいです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

相手に合わせるというお話。

就転職シーズン真っ盛り!

すでに新しいステージを見つけた方も、なかなか見つからずに

もがいている方も、戦いは始まったばかり、元気出して

いきましょう!

さて、今回のアツイキは「相手に合わせる」というテーマで

お伝え致します。
しっかりと相手の会社に対し、謙虚に、そして誠実に向き合って

おられますか?

「ここで働いてほしい!」と思っている会社が最も気にしているのは、

資格でも、経験でもなく、いつでも


「ここで働きたい!」という応募者の気持ちです。

企業側と応募者側のこの気持ちが合わさった時、良好な結果が生まれます。

もちろん、経験や資格等の「スペック」も気にはしますが、

同じ様な能力を持つ方が2人残った時、どちらを採用するか?

それは、「よりこの会社に気持ちを合わせてくれそうな方」と

なるはずです。

もっと簡単にいえば、「この会社に入りたい」という強烈な

意志を感じた方を採用するはずです。

ご自身が採用担当者になった事を想像すれば、なんとなく

イメージは伝わりますよね?

皆様は自分が採用担当だったとして、「ほしい!」と言わせる

自分になれていますか?

面接の時の対応のみならず、履歴書や職務経歴書等の応募書類

上でも、相手に対して十分な情報量であり、それでいて時間を

かけずに読める簡潔な文章で、相手に対して礼を尽くしておられ

ますか?


「たくさん受けなきゃ受からない」、そんな世の中において

履歴書、職務経歴書どころか面接時の回答・対応まで量産して

通り一辺倒の対応をされている方を多く見ますが、

結果はいつでも、予想通り・・・です。

自分でも採用しませんよね?

書類選考、面接というステップで相手にチェックされるものは、

・どのくらい仕事ができるのか?

・どのくらい会社に利益を生んでくれそうか?

そして

・どのくらいこの会社に入りたいと思っているか?

この3点だと思ってください。

特に最後の意志は未知数ですので、礼を尽くして相手に対応することで

自分の可能性、ポテンシャルを買ってくれる場合もあります。

もう一度自分の活動を振り返ってみましょう。

自分の条件ばかりを押し付ける、「オレオレ活動」になっていませんか?

相手にすべてをあずける「やってやって活動」になっていませんか?

数をたくさん受けていても、一つ一つの会社と向き合う誠実さ。

これに勝る必勝法はありません。

「ウチにほしい!」という企業側の気持ち。

「ここで働きたい!」という求職者側の気持ち。

相手に求めずまずは自分から。

相手に合わせる努力をすることをオススメ致します。
スポンサーサイト
【2010/02/02 11:28 】 | 就職・転職 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<人間関係 | ホーム | 転職のしどき>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アツイキ!TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 就職・転職
> Adapt to