スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
From now on!
今を生きるというお話。

久しぶりに雑談を。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。
一押し頂けると嬉しいです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先日、渋谷のCCレモンホール(旧渋谷公会堂)にハウンドドッグの
ライブを見に行ってきました。

先日部屋の掃除をしていて、偶然見つけたハウンドドッグのCDを
聞いて以来、すっかりハマってしまっていたところに、友人からの
お誘い。(ナイス)

出会いはもう20年数年前。

小学校の友人から借りたアルバム(レコード)がきっかけ。

「愛と勇気の百貨店」と呼ばれた汗臭い、人情味にあふれたロックサウンド

に夢中になり、高校生位まではそれこそ毎日聞いていたものです。

聞けば、ボーカルの大友氏はもう50余才。との事。

小学校だった自分が30を超えているわけですから、当たり前といえば当たり前。

ライブが楽しみであった半面、自分が「ヒーロー」とあがめた人を20年ぶりに見て、

「年取ったなぁ」等と思いなくないという大友氏には大変失礼な思いを胸に、

当日を迎えました。

しかし、ステージが始まると。そんな不安など一気に吹っ飛びました。

相変わらずのエネルギッシュなライブパフォーマンスに終始圧倒。

叫び、歌い、踊っている間にあっという間に3時間が経過。。

氏いわく、「百万回乗っても飽きないジェットコースター」の如く

駆け抜けた素晴らしい時間でした。

MCが多いハウンドドッグのライブですが、面白話の中にも、「グサッ」と心に

刺さるような言葉がありました。

「今を生きる事が大切。先にある何かは今が繋がってもの。今までの事も全ては

 この今の為のもの。計算や打算も必要な世の中で、無計画と言われても、

 今がだめなら意味がない。一生懸命生きたいと思う」

思えば、ハウンドドッグに夢中だった中学、高校時代は、先の事なんかわからないけど、

とにかくがむしゃらで、今だけを生きていたような気がします。

しかし、大人になるにつれて、社会を知り、「今」だけでは通用しないという感覚が

自分にしみついた時、あれだけ夢中だった彼らの直球すぎるサウンドが気がつけば

「うっとうしい」と感じる様に。

そして、現在。

すがるほどの栄光もないくせに過去によりかかり、先の心配をして、まったく今を

見ようとしてない自分。

そんな自分に、

「何やってんだ!今を生きろ!」と活を入れてもらったような気がして、

涙が止まりませんでした。

ライブが終わり、客電がついた時、一緒にライブに参加した友人に、

「なんで、お前泣いてんの?」と爆笑されてしまいましたが、

本当に、心から感動し、エネルギーをもらった素晴らしいライブでした。

先の見えない時代です。「今を生きる」という考え方は一見、刹那的ではありますが、

夢中で今を生きることでしか、自分の過去は正当化されません。

そして、今を燃やしつくすことでしか、未来は切り開けません。

大切なのは今。生きるのは今。

今を生きる強さが、未来だけではなく、過去の自分をも変えてくれるのではないかと

感じた、CCレモンホールでのライブ。

心も体も元気になった、ライブでのお話でした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ご覧頂きありがとうございました。
当社ホームページも併せてご覧下さい。

千葉県専門の人材派遣 ワークパワー
千葉県専門の人材紹介 ワークパワー千葉人材紹介センター
スポンサーサイト
【2010/03/27 14:56 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<面接・職務経歴書のポイント②趣味欄について | ホーム | 小脳を使え!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アツイキ!TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 雑記
> From now on!