スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
desire
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。
一押し頂けると嬉しいです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


先日、NHKの「ニュースウォッチ9」で

98歳の映画監督、新道兼人さんの活躍を拝見
しました。

大変高齢な監督。映画への情熱もさることながら、

インタビューの結びの一言が非常に印象的でした。

それは・・・
「欲望」。仕事に対する欲望。

もっといい映画を撮りたいという欲望。

もっといい作品を世に出したいという欲望。

「作品」というと勤め人の私達にはなんだか縁遠い様に

聞こえてしまいますが、監督が、「仕事に対する欲望」

とおっしゃっていたおかげで、お話を身近に感じる事が

できました。

「仕事でもっと○○したい」という欲望は誰しも持って

いるものです。

不況で退職者が増える昨今ですが、理由は何も「リストラ」や

「人員整理」に対するものだけではなく、「自己都合」という

理由もしっかりと存在。

厚生労働省のデータを見返しわかったことなのですが、

「自己都合退職者」はその数こそ違えど、10年間で退職者全体の

3割を切った事がないそうです。

更に興味深いのは、「自己都合退職」の理由の多くは、

「仕事の内容に不満足」というもの。

「この不景気に贅沢な!」という声も聞こえてきそうですが、

「もっと仕事で活躍したい!」、「仕事で輝きたい!」という思いは

たかが、不景気くらいでは消せません。

「選ばなければ仕事はある」といいますが、心ある人間としてみれば、

単純な数合わせでは、一生をかけて追い続ける「仕事への欲望」を満たす

ことはできないのではないでしょうか?

98歳になっても仕事への欲望を燃やし続ける監督の姿に

燃える太陽の様な眩しさを感じながら、

「自分は渇いているか?」

「自分は燃えているか?」

何度も自問自答した夜でした。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ご覧頂きありがとうございました。
当社ホームページも併せてご覧下さい。

千葉県専門の人材派遣 ワークパワー
千葉県専門の人材紹介 ワークパワー千葉人材紹介センター
スポンサーサイト
【2010/05/18 19:58 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<当事者意識 | ホーム | 面接・職務経歴書のポイント③数値化する>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アツイキ!TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 雑記
> desire