スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
Criater Mind
物作りのマインドの話。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。
一押し頂けると嬉しいです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先日とあるアーティストのCDについている「ライナーノーツ」を
読んでおりました。

ライナーノーツとは、そのアルバムに対する所感を述べたもので、
多くはそのアーティストと懇意にしている著名人が寄稿するものであり、
CDの歌詞カードの先頭に書いてあるものといえば想像がつくでしょうか?
ライナーノーツを書いた方は「脚本家」の方。

クリエイターの肩書を持つこの方は、「物作りに重要な事は作り手の心」

と主張します。

以下にノーツの抜粋をご紹介します。

【ライナーノーツ抜粋】

物作り=クリエイターの行動の根底には、

「人を喜ばせたい」、「人を幸せにしたい」というマインドがある。

しかし、どんなに思いを込めた作品も受け入れられるとは限らない。

では受け入れられる作品とはどのようなものか?

それはその作品から作り手の魂が見えるもの。

人はその創造物を通して作り手の心を見るのである。

そして、自分が込めた思いは決して語ったり、見せたりしてはいけない。

優れた作品は、そのものだけで、クリエイターの思いを雄弁に語り、

見る人の心を鷲掴みにしてはなさない。

<抜粋終わり>


私は全てのお仕事は「物作り」であると考えています。

製造業や飲食業の様に目に見えるものはもちろん、サービスを提供する
様な職種(例えば介護や、ブライダル等)も然り。

また、新規のお客様との関係を作るという観点でみれば、営業職だって、
物作りですし、皆が安心して働けるような職場、環境づくりをしている
事務職だって物作りと言えるでしょう。

全ての仕事が「物作り」とするならば、それを買ったり、使ったりする
お客様に商品を通じて作り手の思いが伝わった時に、お客様の心をつかめる
という事になります。

商品自体の性能や価格ももちろん大切です。

しかし、物が売れない世の中、人が本当に欲しい者は、高性能な商品でも、

激安の商品でもなく、作り手の心が感じられるものなのではないでしょうか?

全ての仕事が「物作り」とするならば、全ての職業人は「クリエイター」。

一つ一つの商品や、一つ一つのサービス、そしてアクションに至るまで

自分の思いを込めて全てのものに相対していきたいものです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ご覧頂きありがとうございました。
当社ホームページも併せてご覧下さい。

千葉県専門の人材派遣 ワークパワー
千葉県専門の人材紹介 ワークパワー千葉人材紹介センター
スポンサーサイト
【2010/08/20 13:06 】 | ビジネスマインド | コメント(0) | トラックバック(0)
<<自分を信じる | ホーム | IT系のお仕事について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アツイキ!TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> ビジネスマインド
> Criater Mind