スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
恩師の教え
ひょんな縁から、9月より職業訓練講座の講師を勤めさせて
頂いております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。
一押し頂けると嬉しいです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


担当はパソコンの基礎と応用。
今は営業マンとして日々活動をしている私ですが、元々は
IT畑の出。

パソコンなら少々「腕に覚えあり」と踏んで、少し自信を持って
臨んでみたものの・・・
人間謙虚さが大切ですね。
優しいスタッフさんに「大丈夫です、ちゃんとわかりますよ」と
励ましを頂きながら、何とか対応している毎日です。

そんな半人前講師の私がバイブルにしている本があります。

それは、

「できる人の教え方」

安河内 哲也先生著 です。

予備校講師を長く務める安河内先生が、人に物を教える時に
抑えておきたい、大切にしたいポイントを極めて分かりやすく
解説したすばらしい一冊です。

私も実はこの安河内先生の教え子の一人。
辛く苦しい浪人時代に出会った先生に勉強を教わる事はもちろん、
先生の言動や授業にいつも励まされ、勇気付けられたものです。

さて、この本「できる人の教え方」の中で印象に残った言葉。

それは、「教師たるもの五者たれ」という言葉。

この言葉は、安河内先生が恩師から良く言われていた言葉として
紹介されているのですが、「五者」とはいったいなんでしょうか?

学者:誰よりも学んでいる事

役者:嘘をついてでも大丈夫といえる事

芸者:相手を飽きさせず楽しませること

医者:悪いところをしっかりを見極め、直す事

易者:そこから見えてくる未来を示し、導く事

少し私なりの解釈が入ってしまったかもしれませんが、
人にものを教える立場にある人間は上記の5つをしっかりと守れ
という意味合いです。

講師業を担当して2ヶ月が過ぎ、まだまだ板についたとも言えない
日々の中、私もこの言葉を旨に日々奮闘しています。

「先生のおかげです」

なんて、大それた言葉をいただこうなんて思っていません。

でも、いつか、生徒さんたちに

「先生ありがとう」

とニッコリ笑って言われたら、どんなに素敵だろうと思い

これからも頑張っていきたいと思います。

それにしても、17年の時を経てなおも私にヒントと元気をくれた

先生。

「指導者」の影響力は時間などでは決して色あせないのだなぁと

先生の偉大さを感じている毎日です。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ご覧頂きありがとうございました。
当社ホームページも併せてご覧下さい。

千葉県専門の人材派遣 ワークパワー
千葉県専門の人材紹介 ワークパワー千葉人材紹介センター
スポンサーサイト
【2010/11/11 20:36 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<変化と理想 | ホーム | アツイキが生んだ縁>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アツイキ!TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 雑記
> 恩師の教え